2014年3月、県内の小学校で、複数の女子児童の着替えを盗撮したとして、20代の男性教師が、9月17日付で懲戒免職となりました。

県教育庁によりますと、2014年3月、沖縄本島内の小学校で当時担任だった20代の男性教師が、休み時間に教室で複数の女子児童が体操服に着替えていたところを、教室内に設置したビデオカメラで盗撮しました。元教師が、個人のパソコンに保存していた動画を、子どもたちが見つけ、保護者に連絡し、事件が発覚したということです。

元教師は、学校に対し当初、動画を削除した上で「やっていない」と話したということですが、最後は行為を認めたということで、9月17日付で懲戒免職となりました。

県教育庁はこの件に対し、「県教育庁幹部が逮捕され、県民の信頼が揺らいでいる中で、信頼回復は難しいが、現場指導を徹底するなど努力していきたい」とコメントしています。