2013年11月、豊見城市で起きたひき逃げ事件で、現場から逃走した海兵隊員の男が20日にひき逃げや酒気帯び運転などの容疑で書類送検されました。書類送検されたのはアメリカ海兵隊に所属する29歳の2等軍曹です。

県警によりますとこの2等軍曹は2013年11月、豊見城市高安の県道で酒を飲んで車を運転し軽乗用車と衝突、46歳の男性に重傷を負わせ逃走した疑いです。

事件当時、助手席のアメリカ兵は金武インター付近で見つかり、運転していた29歳の2等軍曹は基地内に逃走し、憲兵隊に身柄を確保されていました。

県警は任意で捜査を続け、ひき逃げや酒気帯び運転などの容疑が固まったため2等軍曹を20日書類送検しました。