石垣市の八重山高校で2013年5月末に女性の養護教諭が生徒のカバンから現金を盗んでいたことがわかりました。

八重山高校の本成浩校長は「学校の信頼関係、教職員への信頼関係を壊すことになって本当に残念だと思っています」とコメントしました。

八重山高校によりますとこの学校に勤務する30代女性の養護教諭が2013年5月、保健室で休んでいた生徒のカバンから現金およそ1万5000円を盗んだということです。

女性教諭の不審な行動はこれまでに、たびたび目撃されていて生徒が映像を撮影し学校側に提出したため女性教諭に事情を聴いたところ盗んだことを認めました。

女性教諭は生徒に返金・謝罪し現在、自宅で謹慎しています。

このほか、7月までに6件の窃盗被害が報告されていて八重山高校では警察に被害届を提出する方針です。