News Photo

8日午後那覇市の工事現場で重機が傾き電話線を損傷する事故があり周辺のおよそ100世帯で電話が使えなくなるなどの影響がありました。

警察や消防などによりますと8日午後3時ごろ那覇市古波蔵にある住宅の解体作業現場で作業をしていた重機が電線を巻き込みながら道路に横転しました。

重機を操縦していた男性や現場の作業員などにけがはありませんでした。近くで働く男性は「今のところは大丈夫ですけど、続くときついですね」と話しています。

この事故でおよそ2時間、市道が通行止めになったほか周辺のおよそ100世帯に電話やインターネットが不通になる影響が出ました。

NTT西日本沖縄支店によりますと現在、電線の復旧作業が進められていて9日昼過ぎにも復旧する見通しです。