News Photo

26日夜、名護市の国道でオートバイと普通乗用車が衝突する事故があり、オートバイを運転していた21歳の男性が大けがをしました。

乗用車は現場から逃走していて、警察がひき逃げ事件として捜査しています。名護警察署によりますと26日午後8時50分ごろ、名護市宮里の国道58号の交差点で、南向けに直進していた大型オートバイと対向車線を走行し右折しようとした普通乗用車が衝突しました。

この事故で、大型オートバイを運転していた名護市の会社員の男性が右足首の骨を折る大けがをしました。

乗用車は現場から逃走していて、目撃者によると水色の車だったということで、名護警察署がひき逃げ事件として捜査しています。