10月26日午前、南城市佐敷の国道で、原付バイクに乗っていた男性が、停車中の車に衝突して投げ出され、対向車線を走ってきた軽乗用車にはねられる事故があり、男性が死亡しました。

与那原警察署によりますと、10月26日午前7時半ごろ南城市佐敷の国道331号で、原付バイクが与那原町向けに走行していたところ、交差点付近で停止していた車にぶつかりました。

この事故で原付バイクを運転していた40代とみられる男性が対向車線に投げ出され、直進してきた軽乗用車にはねられたということです。

男性は病院に搬送されましたが、間もなく死亡が確認されました。現在、警察が、運転手の身元確認と共に事故原因を調べています。