7月に那覇市の国道で発生したひき逃げ事件で、那覇警察署は15日、乗用車を運転していたアメリカ兵の男を自動車運転過失傷害などの疑いで書類送検しました。

書類送検されたのは、アメリカ海兵隊キャンプフォスター所属の一等兵の男(21)です。

那覇警察署によりますと7月、那覇市天久の国道58号で走行中の普通乗用車が軽乗用車に接触したあと、中央分離帯に乗り上げました。この事故で普通乗用車の助手席に乗っていた23歳の男性が頭を強く打ち重傷を負っています。

当時、一等兵の男は「偶然通りかかった通行人だ」と話していたため、那覇警察署はひき逃げ事件として捜査していましたが、その後の調べでこの男が運転していたことが発覚。男は容疑を認めていて、当時、飲酒運転だった事も分かっています。