今月10日に豊見城市で発生したバイクの不審火で、県警は15日、13歳の男子中学生3人を放火の非行事実で補導しました。補導されたのは、本島南部の13歳の男子中学生3人です。

3人は10日、豊見城市真玉橋で、アパート駐車場に停めてあったバイクに火をつけ、バイク6台と建物の一部などに延焼させた疑いがもたれています。

警察によりますと、3人は別々の中学に通う1年生2人と2年生1人で、3人とも非行事実を認めているということです。警察では、他の不審火との関連性も調べています。