12月18日、読谷村で住宅火災があり、鉄筋コンクリート3階建て家屋が全焼しました。住人にけがなどはありませんでした。

12月18日午前11時半ごろ、読谷村高志保で、1階がガレージで2階と3階が住居になっている鉄筋コンクリート3階建ての住宅の2階部分から煙が出ているのを住人が発見し、消防に通報しました。

通報でポンプ車4台が出動し消火活動に当たり、火はおよそ1時間半に消し止められましたが、火の回りが早く住宅は全焼しました。

出火当時、住宅には家族6人がいましたが、全員避難して無事でした。警察と消防によりますと、火は2階部分から出火したということですが、消防と警察が今朝から出火原因を詳しく調べています。