News Photo

7日、読谷村で、Yナンバーの車に男性がひき逃げされ死亡した事件で県警は12日も、この車を修理に出したアメリカ陸軍兵の任意の事情聴取を行うことにしています。

この事件では、これまでに、自動車修理工場に預けられたYナンバーの車から亡くなった男性の血痕などが見つかり、県警はひき逃げ事件と断定して捜査しています。

県警は12日、この車を修理に出した20代のアメリカ陸軍兵を初めて任意で事情聴取。陸軍兵は、石川警察署で5時間余り調べを受けたあと、車の後部座席にうずくまるようにして署を出ていきました。

調べに対して陸軍兵は、事故について「覚えていない」と話すなど車を修理に出したいきさつについてあいまいな話をしているということです。