News Photo

読谷村の村道脇で、ウォーキング中の男性がひき逃げされ死亡した事件で、県警は、男性をひいた車を修理に出したアメリカ兵から11日初めて事情を聞きました。

7日夕方、読谷村楚辺の村道脇で、近くに住む外間政和さんが、ひき逃げされ、遺体で見つかりました。

遺体発見の数時間前に自動車修理工場に預けられた車からは、外間さんの血痕などが見つかり、この車を修理工場に持ち込んだアメリカ兵が何らかの事情を知っている疑いが強まっています。

こうしたなか、県警は11日午後、このアメリカ兵を事故の関係者として任意で事情聴取しました。アメリカ兵はおよそ5時間の事情聴取を終えたとみられますが現時点では、アメリカ兵の具体的な供述について県警からの発表はありません。