News Photo

7日、読谷村で男性が死亡したひき逃げ事件で警察は遺体発見前に、付近の自動車整備工場に持ち込まれたYナンバーの自動車を押収したという事です。

7日夕方、読谷村の村道脇の雑木林で村内に住む外間政和さん(66歳)が頭から血を流して亡くなっているのが発見されました。整備工場によりますと、外国人の男性1人が7日午後、助手席側のフロントガラスが割れた白い乗用車の修理を依頼してきたということです。

車は、Yナンバーだったということです。警察は9日朝、この車を押収。フロントガラスに付着している髪の毛のDNA鑑定を行う事にしています。