News Photo

大宜味村の山中の畑の中から男性の遺体が見つかった事件で、遺体はのこぎりのようなもので切断された可能性があることが22日、分かりました。県警の調べによりますと、切断された遺体は、両腕の付け根から先が無いことが分かりました。

遺体はのこぎりのようなもので切断された可能性があるということです。県警は21日、現場となった大宜味村の畑から半径およそ300メートルの範囲で、捜査員と警察犬による捜索を行い、タバコの吸殻や空き缶を回収しましたが、これらの物については事件との関わりは薄いと見ています。

22日はさらに範囲を広げて捜索し、現場近くの塩屋湾に水上バイクを出して、水中も捜索しています。また午前10時過ぎ、県警の得津八郎本部長も名護署の捜査本部と現場に入るなど、捜査を進めています。