News Photo

アメリカ軍上層部は、また、綱紀粛正を誓うのでしょうか?良き隣人を標榜するアメリカ兵の犯罪とあきれた開き直りです。嘉手納基地所属の上等兵ら3人が昨夜、万引きした後、無免許で車に乗り逃走、その際信号待ちの車に次々と追突した末にようやく逮捕されました。

窃盗の現行犯で逮捕されたのは、アメリカ空軍嘉手納基地所属の18歳の上等兵と北谷町に住む無職の17歳の少年、それに16歳の少女です。

3人は車で逃走中、万引きした靴店からおよそ2.5キロ離れた国道で、信号待ちをしていた車5台に次々と追突。その後、駆けつけた警察官に現行犯逮捕されました。警察の調べに対し、上等兵は「靴を盗んだことは覚えていない」と話しているということです。因みに県内では4日に海兵隊所属の21歳の上等兵と22歳の伍長が器物損壊と飲酒運転の疑いで逮捕され、きのうは読谷村で、嘉手納基地所属の二等兵の女性の運転する車が歩行者の男性をはね死亡させるなどアメリカ兵による事件事故が相次いでいます。