テーマソング「赤夢波-KAMUNAMI-」
赤夢波-KAMUNAMI-

百一発目の勝負の行方は
百発百中の占い師も分からない

穿て壁を 破れ檻を
さあ 帆を掲げろ いざ飛び発とう

まだ真っさらなままの真夏の伝説を
追いかけ泥だらけ そう君は勇者

航れ夢の海を幾千里と
疾れ波の上を一輪の願いよ
百一発目の勝負の行方は
百発百中の占い師も分からない

過去は陽炎 未来は蜃気楼
ああ 時は移ろう 今を生きろ

ただ真っすぐな眼差し 真っ赤な栄冠を
追いかけ汗流れ そう君は勇者

航れ夢の海を幾千里と
疾れ波の上を一輪の願いよ
百一発目の勝負の行方は
百発百中の占い師も分からない

平成という時代を越えて、過去100回の大会の越えて、新たな歴史が幕を開けます。 高校野球に関わる全ての人に悔いなき一歩を踏みだしてほしいと願い、筋書きなしの夏のドラマの1ファンとしてこの楽曲を贈らせて頂きます。前川真悟(かりゆし58)
デスク 棚原 勝也
デスク
棚原 勝也

「百一発目の勝負の行方は 百発百中の占い師にも分からない」

今年101回目を迎える全国高校野球選手権「夏の甲子園」をめざして、県内60校あまりのチームが、沖縄の〝てっぺん〟をかけた戦いが、いよいよ始まる。

番組では、たった一度きりの夏に、全身全霊で挑む球児を熱く応援するが、今年は、嬉しいビッグな話題がある。

「めざせ甲子園!」のために、県出身の有名アーティスト「かりゆし58」のボーカルで、自身も小学校の頃、野球をやっていた前川真悟さんが番組のために曲を書き下ろしてくれたのだ。

現在「かりゆし58」は(6月中旬まで)コンサートツアーの真っ最中なのだが、僕からのむちゃぶりの“お願い”に快く応えてくれ、過密スケジュールを縫ってのレコーディングの末に、ついに完成した曲が「赤夢波-KAMUNAMI-」だ。

高揚感たっぷりのメロディーに仕上がっているのはもちろんだが、前川さんから沖縄の高校球児に送る“情熱のメッセージ”が歌詞に込められている。

「まだ真っさらなままの 真夏の伝説を 追いかけ泥だらけ そう君は勇者」

白球を追い求める球児を「勇者」と讃え、ひたむきに夢に挑む姿を描いているのだ。

今年の球児の夏のドラマは「かりゆし58」の名曲とともに見逃せない!

Top