夏の高校野球 沖縄尚学が甲子園へ

夏の高校野球沖縄大会は18日に決勝が行われ、沖縄尚学が全国で最も早く甲子園への出場を決めました。

沖縄尚学と中部商業が対戦した決勝戦は、2回ウラ、2アウト1塁から中部商業の7番・平山がタイムリーツーベースヒットで先制します。

対する沖尚は同点に追いついた後の5回、2アウト2塁でキャプテン仲宗根皐。レフト前ヒットでランナーが生還。逆転に成功します。

リードした沖尚は堅い守りで中部商業の反撃を封じます。そして3回途中から登板したエース當山が最後まで抑え、沖尚が2大会連続の甲子園キップを手にしました。

沖縄尚学・仲宗根皐主将「甲子園の舞台では全国のすごいピッチャーがたくさんいると思うので、甲子園で勝てるチームを作り上げていきたい」

夏の甲子園は8月9日に開幕予定です。

Top