第1シード具志川商業 初戦快勝

夏の高校野球沖縄大会はきょうから2回戦が始まりました。センバツに出場した大会第1シード具志川商業が登場しました。

タピックスタジアム名護で行われた第1試合。春に続いての甲子園出場を目指す具志川商業は1回戦を勝ち上がった嘉手納と対戦。先発は、春から急成長を遂げている背番号10田崎陽誠(たさき ようせい)。立ち上がりからテンポよく、制球力あるピッチングを披露します。

具志川商業 田崎陽誠選手「監督から「後ろには何枚も投手がいるので、思い切って投げてこい」と言われて」

対する嘉手納もエース伊禮颯哉(いれい そうや)が緩急をつけ、的を絞らせない投球を見せゲーム序盤は互いに譲らず0-0。均衡が破れたのは4回。具志川商業は1アウト3塁のチャンスをつくると5番 比嘉力太(ひが りきた)スクイズを成功させ先制点。流れを引き寄せるとさらにこの回、具志川商業は相手のエラーにヒット5本を絡め、ビッグイニングに。一挙6得点。

投げては6回を無失点に抑えた田崎に続いて2人目 伊波勢加(いは せねか)。3人目の山田極登(やまだ きわと)も無失点。投手陣の層の厚さを見せつけます。さらに8回にはランナーを1人置いてキャプテン粟國陸斗(あぐに りくと)。この2ランホームランで勝負あり。第1シードの存在感を大きく示した具志川商業がコールド勝ちで3回戦進出です。

高校野球 第1シード具志川商業初戦快勝

具志川商業 粟国陸斗主将「(ホームランは)気持ちが打球に乗ったのでよかったです。沖縄の頂点をとるために目の前の敵を泥臭く倒していきます」

具志川商業 田崎陽誠選手「ピッチャーが抑えれば絶対負けることはないのでピッチャー同士も切磋琢磨しあいながら刺激を受けてこれから全員で抑えていけたらいいと思います」

続いて第4シード・美里工業と宮古の一戦は1回、美里工業がランナーを1人おいて3番・具志堅涼太。この当たりで一気にホームまでかえるランニング2ランホームラン。2点を先制します。

一方の宮古も譲らず。2回ウラ、こちらもランナーを1人置いて6番・仲間匠哉。こちらはスタンドまで運ぶ2ランホームランですぐさま同点においつきます。その後先に抜け出したのは宮古でした。7回までに7点を奪い、大きく突き放します。

追い込まれた美里工業。土壇場9回。3点差とし、なおもランナー2塁1塁でランニングホームランを打っている具志堅。この3ベースで1点差!さらに!ついに7対7の同点!

しかし、この試合にはまだドラマが。追いつかれた宮古は9回ウラ、ランナーを2塁に置き、こちらもホームランを打っている仲間!宮古がサヨナラで第4シードを撃破しました!

  高校野球 第1シード具志川商業初戦快勝
Top