シード校に明暗 2回戦

高校野球はきのうで2回戦が終わり、ベスト16が決まりました。この夏のシード校も登場しましたが、明暗が分かれました。

【興南対中部商業】

那覇で行われた第一試合、第2シード 興南対中部商業の試合は4回。中部商業 2アウト2、3塁のチャンスで1番、岸本佑大(きしもと・ゆうた)。ここは興南先発、田崎颯士(たさき・りゅうと)に軍配があがります。

その裏、興南は2アウト3塁で、8番田崎。自らのバットで先制点をあげます。(中部商業0-1興南)

1点リードの興南は6回2アウト1、3塁、またもチャンスを作ると代打又吉敦也(またよし・あつや)。タイムリーヒットで興南が1点を追加します。(中部商業0-2興南)

2点を追う中部商業は7回、2アウト2、3塁。得点のチャンスで3番比嘉海瑠(ひが・かいる)。ここは田崎が三振に切って取ります。

その裏、興南は、ノーアウト満塁とすると6番仲野大雅(なかの・たいが)。仲野の一打で4点目を入れます。(中部商業0-4興南)

高校野球夏の沖縄大会 シード校に明暗 2回戦

その後中部商業はチャンスを作るもあと1本が出ず、田崎が10個の三振を奪う好投。興南が3回戦進出を決めました。

【宜野座対具志川商業】

第4シード・宜野座は初戦で具志川商業と対戦。去年秋の大会では3位を決める決定戦で対戦し、延長10回タイブレークの末、宜野座が勝っています。(8x-7)

高校野球夏の沖縄大会 シード校に明暗 2回戦

注目カードの試合を見ようとスタンドには多くの観客が見守る中、宜野座のエース、比嘉翔吾(ひが・しょうご)は技巧派らしい打たせて取るピッチング。

具志川商業の先発、上原章人(うえはら・あきと)は力のあるボールを投げ込み、緊張感のある試合が展開されます。

3回、宜野座は2アウトから9番大城祐乃(おおしろ・ゆうの)がツーベースで出塁し、先制のチャンスを作ります。

しかし、具志川商業のショート、キャプテン宇地原也季斗(うちはら・なぎと)のジャンピングキャッチで先制とはなりません。

対する具志川商業は4回、2アウト1・3塁のチャンスを作り、6番、前の回ファインプレーの宇地原。

具志川商業 宇地原也季斗主将「相手ピッチャーの比嘉翔吾選手にずっと抑えられてきて、先制点ほしかったので気持ちで」

高校野球夏の沖縄大会 シード校に明暗 2回戦

実況「超えた!3塁ランナーホームイン!そして1塁ランナーは3塁を回って2点目のホームイン!そしてバッターランナーは3塁へ!2点タイムリーヒットで2対0、具志川商業が先制です」

追い上げを図る宜野座ですが、具志川商業の継投を前になかなかチャンスを作れません。

すると8回、左中間真っ二つ!3対0、具志川商業リードを3点に広げて、第4シードを追い詰めます。

具志川商業は、9回にも1点を加えます。そして、スリーアウト!この夏のシード宜野座を相手にリベンジを果たし、具志川商業が3回戦進出を決めました。

具志川商業 宇地原也季斗主将「最高の気分です。ここから流れに乗って、きょうのような試合を積み重ねていきたい」

高校野球夏の沖縄大会 シード校に明暗 2回戦

宜野座 石川晄大主将「チャンスでの1本が相手の方が上回っていた。悔しい。この仲間と最後良い試合ができて良い仲間との出会いに感謝したい」

Top