プロ野球ドラフト会議

プロ野球ドラフト会議

2020年10月26日行われたプロ野球ドラフト会議で県勢からは3人の選手が指名されました。

県勢で最初に名前が呼ばれたのは東北楽天から4位指名を受けた、宜野座高校出身で亜細亜大学の内間拓馬投手。憧れの選手には同じ沖縄出身で大学OBでもあるあの投手の名前を挙げました。

内間拓馬選手は「ソフトバンクの東浜さんのように人間性という部分が一番いいと監督からも聞いているので、そういった人間性を養えるように、そういったプロ野球選手になれるように頑張っていきたいと思います」と語りました。

また、埼玉西武から6位指名を受けた石川高校出身のタイシンガーブランドン大河選手も、同じチームとなる沖縄の先輩を目標にプロの舞台へ挑みます。

ブランドン選手は「同じ出身である山川(穂高)選手のようなプレーヤーになりたいとずっと思っていて自分が憧れのチームに入ることができたので、自分も1日でも早く山川選手のような大きな選手になれるように頑張りたいと思いました」と話しました。

さらに宜野座高校の大城真乃投手がソフトバンクから育成7位指名を受けています。

Top