高校野球秋季準々決勝 手に汗握るエース対決

県高校野球の秋季大会はきのう準々決勝が行われました。日本ウェルネス対興南の試合は両チームのエースが力投。手に汗握る熱戦となりました。

今年春の3回戦、夏の3回戦に続いて3大会連続での対戦となった日本ウェルネス対興南。その春、夏ともに登板してウェルネスに敗れた興南の山城京平。

新チームのエースとしてのプライドをこの試合にぶつけました。

高校野球秋季準々決勝 手に汗握るエース対決

山城京平選手「春、夏と続けて(ウェルネスに)負けているのでこの秋で取り返してやろうという気持ちでこの試合に挑んだので。真っ直ぐだけだったら打たれるので変化球もいろいろ使って相手のタイミングをずらしていくという風にいろいろ考えた」

ランナーは出すものの力ある相手打線に得点を許しません。

一方のウェルネスもエース東恩納音が力投。前の日にあった3回戦で9回完投勝利。連日の先発マウンドとなりましたがこちらもテンポ良い投球で的を絞らせません。

東恩納音選手「胸を借りる気持ちで投げたが、チームを勝利に導けるようなピッチングをできるようにやっていくことが目標」

互いに譲らない両チームのエース。0-0のまま試合は終盤へ。7回裏興南は1アウト満塁のチャンス。連日の好投を見せていたウェルネス東恩納でしたがここで降板。この場面で興南は打席にエース山城。ダブルプレーかと思われましたが1塁には送球できずその間に3塁ランナーがホームイン。

高校野球秋季準々決勝 手に汗握るエース対決

山城京平選手「自分で(1点を)取ったので気持ちも楽になったしこの1点がとても大きいものだと重みも感じている」

マウンドに戻った山城。8回、9回と最後まで投げ切り虎の子の1点を守り切りました。興南が春、夏の借りを返し準決勝進出です。

山城京平選手「体力面だったりメンタルの部分キャッチャーとバッテリー同士で工夫しながらやってきたので、この試合に出たかなと感じている」

県高校野球準々決勝沖縄尚学 対 沖縄水産の試合はマウンド上の背番号8がゲームのけん引役となりました。沖尚2年の後間翔瑚(こしま しょうご)先発投手としてランナーを出しながらも要所を締めて試合をつくっていきます。

後間翔瑚選手「ピッチャーをやりながらも外野もという感じでやって(投手としての課題は)四球が多くてコントロールをしっかりよくできるように意識して修正した。」

バッティングでは4回1、2塁のチャンスで。

高校野球秋季準々決勝 手に汗握るエース対決

後間翔瑚選手「ランナーも1,2塁で(先の塁に)送らないといけないと思って流しをイメージして打った・・」

貴重なタイムリーヒットで試合の流れを呼び込むなどバットではこの日3安打。さらに足では中学時代陸上の県大会100mで優勝経験もあり、こちらも大きな武器。さらに投げては7回被安打3の3失点。後間の攻守にわたる活躍で沖尚がベスト4進出です。

後間翔瑚選手「打ってしっかりまたピッチングでもやっていけばチームも盛り上がって勝てると思うので次(準決勝)に勝ったら九州大会もあるのでそこで勝てるよう頑張っていきたい」

10日の準決勝2試合のカードはご覧の通りです。ここで勝った2校が九州大会へ進み来年春のセンバツ甲子園出場の挑戦権を得ます。

Top