高校野球夏季大会 ベスト4決まる

県独自大会は26日準々決勝4試合が行われベスト4が決まりました!

準々決勝、注目のカードとなった沖縄水産対美里工業。沖水の先発は、ここまで2試合で完投、全試合で二桁三振を奪っているエース・古波藏悠悟。この試合も要所で三振を奪い得点を与えません。

一方、複数の投手の継投で勝ち上がってきた美里工業、先発は上間玲於。

高校野球夏季大会 ベスト4決まる

上間玲於選手「どのチームよりもピッチャー陣の層は厚いと思うので全力で初回から飛ばして」

しかし3回ウラこの試合初めて得点圏にランナーを背負うと1番 松村蒼生にタイムリーを浴び先制点は沖水に。

それでも上間は、その後を踏ん張り5回までを最少失点で切り抜けると6回からは山城竜輝がマウンドに。

山城竜輝選手「3年生の分まで頑張ろうとマウンドに上がりました」

先輩からマウンドを引き継いだ2年生も無失点で切り抜けます。投手陣の好投に応えたい美里工業打線。しかしその前に、沖水の堅い守備が立ちはだかります。

高校野球夏季大会 ベスト4決まる

8回も2アウトランナーなし。あとアウト4つで試合が終わるという中、ここから打線がつながります。連続ヒットでチャンスを作ると4番・富島力斗もフォアボールで続き、沖水のエース古波藏からこの試合最大のチャンスを作ります。打席には、美里工業の先発ピッチャー・上間。

このあたりがレフトの前に落ち、逆転に成功します!そのウラ、美里工業は3人目の投手、大城稜真。先頭バッターに自己最速タイの147キロを計測するなど力勝負で8回をゼロに抑えます。

ところが勝利まであと1イニングの9回、突如大城の制球が乱れ、2アウトながら満塁のピンチに。

高校野球夏季大会 ベスト4決まる

大城稜真選手「足の震えが止まらなくてどうしていいかわからなかったんですけど後ろを向きながらみんなと顔を合わしながら1人では自分はまだできないので」

対するは3回戦をサヨナラで勝ち上がっている沖水。3人の投手で守り切った美里工業がベスト4に名乗りをあげました!

そのほか、日本ウェルネス、八重山、KBC未来がそれぞれ準々決勝を制しベスト4へ。今週末、準決勝・決勝が行われます。

Top