4校連合チームで挑む夏 4つのユニフォームが母校の誇り

夏の甲子園に代わる独自大会、県高校野球夏季大会がおととい開幕しました。3年生にとって特別な最後の夏、まずは4校連合チームが挑んだ夏の初戦です。

夏の甲子園中止の発表からおよそ1カ月半このまま夏は終わらせない。沖縄球児の特別な夏が始まりました。

5日、コザしんきんスタジアムの第2試合に登場したのは開邦・南部農林・辺土名・真和志の4校連合チーム。

4校連合チームで挑む夏 4つのユニフォームが母校の誇り

その中でエースを任されるのが、仲宗根匠君。

真和志高校、たった1人の野球部員。それでも黙々と1人で練習を続け、最後の夏を迎えました。

そんな仲宗根君にとって同じ部員不足に悩み、連合を組んで一緒にプレーする選手たちはユニホームは違っても、野球で心がつながるかけがえのない仲間です。

特別なチームメイトと迎える最後の夏。仲宗根君は1回からエンジン全開。先頭バッターから三振を奪うと、その後も奪三振ショーを披露。首里東打線に得点を許しません。

エースの好投に応えたい連合打線。しかし、首里東のエース・大嶺飛真も負けじと付け入るスキを与えません。

両投手の好投が光り、7回までスコアボードに0が並びます。迎えた8回、連合は2アウトから9番・開邦の平田吹輝。気迫のヘッドスライディングで内野安打とすると、続く1番・平良基も続き、チャンスを作ります。

ここで打席には南部農林の2年生・仲本政世。

4校連合チームで挑む夏 4つのユニフォームが母校の誇り

南部農林2年・仲本政世選手「何としてもこんなにピッチャーが頑張っているので点を取ってもっと楽にしてあげようと思いました」

連合が均衡を破る2点タイムリー。仲宗根君への援護点を奪います。さらに続く9回には2塁3塁のチャンスを作り、打席には仲宗根君の女房役・金城温大。

開邦・金城温大選手「自分もどうにか匠に1点をあげようという思いでプレーしていました」

この打球で3塁から仲宗根君がホームに帰り追加点を奪うと連合打線に火が付き、この回ダメ押しの5得点。

そして仲宗根君は9回のマウンドへ。許したヒットわずか2本、11個の三振を奪う力投で完封勝利。仲間たちとともに特別な夏の1勝を手にしました!

真和志・仲宗根匠選手「みんなでできる時がとても楽しいです。次の試合でも自分のピッチングができるように頑張っていきたいです」

Top