沖尚ナインが甲子園に出発

101回目の夏の甲子園に県代表として出場する沖縄尚学ナインが、2019年7月31日、甲子園に向けて出発しました。

那覇空港で行われた壮行激励会には、父母会や学校関係者などが集まりました。県高野連の岩崎勝久会長は、「先輩たちが見てきた素晴らしい景色を見て、成長を甲子園で花開かせて下さい」と激励しました。

決勝では、興南との接戦を制し、劇的な勝利を決めた沖尚ナイン、すでに全国の強豪との初戦を見据えています。

沖縄尚学・水谷留佳主将は「きょう壮行会を開いていただいて、出発するんだなという実感が湧いてきました。慌てることなくやっていきたいです」と話しました。

沖縄尚学・仲村渠春悟選手は「自分がしっかり相手をおさえて、攻撃にリズムを持っていきたいなと思います」と話しました。

夏の甲子園は、2019年8月6日に開幕。抽選会は8月3日に行われ、初戦の相手が決まります。

Top