ベスト8激突 沖尚対美来工科

甲子園をかけた夏の高校野球15日は、ベスト4をかけた準々決勝。

第2シードを破った沖尚。しかし、2回美来工科1番・横田悠李に走者一掃のタイムリーを浴び、3点を先制されます。

それでも4回、沖尚は継投に出た美来工科の投手陣をとらえます。

1番・神里航平!このタイムリーで同点に追いつくとさらにキャプテン・水谷留佳のタイムリーなどで一挙5得点。逆転に成功します。

続く5回、マウンドに上がったのは沖尚・秘密兵器。公式戦初登板となる永山蒼。

威勢の良い2年生投手が140キロ越えのストレートとキレのある変化球で美来工科打線を封じます。そして永山はバットでも見せます!

公式戦初打席で公式戦初ホームラン!さらなる戦力を披露した沖縄尚学がベスト4進出です!

Top