夏の物語!2回戦の熱闘

夏の甲子園を目指す高校野球沖縄大会は、雨の影響できょう2回戦が行われました。第1シード興南と前原の試合は注目のエース対決となりました。

前原のエース・中西海斗。去年の春季大会、登板した全ての試合で無失点に抑えたことから、付いた呼び名が〝ミスターゼロ〟

きのうの試合、中西は第1シード・興南に対し、その名の通り3回まで「0」を並べ続けます。ところが、雨に水を差されノーゲームに。

順延となり迎えたきょう、再び先発マウンドにあがった中西でしたが、1回からピンチを背負うと、興南5番・知念勇気。さらに6番・新垣和哉にタイムリーを打たれ、この回、スコアボードに「2」を刻まれます。

その後も第1シード興南の攻撃力の前に、毎回のようにピンチを迎える中西。小学校からの幼なじみ、キャッチャーの伊波義記が声をかけ続けます。

前原・中西海斗選手「(伊波が)一緒に頑張ろうと みんなも支えているから、最後まで頑張ろうと言っていました。」

仲間に支えられた中西は、要所を締め、2回以降は興南打線に点を与えず。「ミスターゼロ」その名にふさわしい投球を見せ、味方の反撃を待ちます。

しかし、その前原の前に立ちはだかったのが、興南のエース・宮城大弥。反撃の糸口をつかめずにいると、迎えた9回。ミスターゼロ率いる前原、第1シードを相手に好ゲームを見せましたが、ここで夏を終えました。

前原・中西海斗選手「負けはしたんですけど、この仲間と最後まで戦えて、本当に良かったです。(高校野球は)最高でした。」

第3シード・北山対美里工業の強豪校対決は、同点で迎えた終盤8回、美里工業が1アウト2塁・3塁とチャンスを作り、3番・兼島大南(かねしま・だいな)、2点タイムリーで均衡を破ります。

反撃に出たい北山。しかし美里工業の攻守に阻まれます。最後は美里工業のエース・吉山朝陽が三振で締めゲームセット。美里工業が第3シードを破り3回戦進出です。

Top