高校野球、熱戦始まる

スポーツです!梅雨明けとともに熱戦がスタートした”夏の高校野球沖縄大会”1回戦の好カード、注目の試合を続けてどうぞ!

きのうは沖縄尚学とコザの伝統校同士が激突!コザ・宮城翔、沖尚・仲村渠春悟、両チームのエース対決で幕をあけました。

試合は1対1で迎えた5回。沖尚、ランナーを一人置いて、打席には台湾からの留学生、2年生で4番・崔哲瑋(さい・てつい)

公式戦初スタメンの期待に応えるタイムリーで、沖尚が勝ち越しに成功します。

沖縄尚学 崔哲瑋選手「きのうから緊張していたが、ストレートを狙って来たらそこを打つという気持ちで攻めた」

さらに沖尚、7回には、コントロールが乱れるなど、疲れが見えた宮城から満塁のチャンスを掴むと。5番・與谷友希(よたに・ゆうき)

走者一掃のタイムリー3ベース!この回、打者一巡の猛攻で一挙6得点を奪った沖尚!7回コールドで2回戦進出です。

Qプラススポーツ部 高校野球、熱戦始まる

一方、こちらも1回戦屈指の好カード、第4シード沖縄工業と知念が対決。

試合は2回、知念が沖縄工業の守りのミスもあって、打者一巡!ヒット9本の猛攻で大量9点を奪い、10対1と大きくリードを広げます。

対するシード沖縄工業も、5回までに知念と並ぶヒット11本を放ちますが、知念のエース石原の前に抑え込まれ、11対4と7回コールドの予感さえ感じさせました。

ところが7回ウラ、知念・石原のコントロールの乱れに乗じた沖縄工業は、4本のヒットでこの回一気に6点!2点差まで詰め寄る反撃をみせます。

しかし、シード沖縄工業の反撃もここまで。試合は8回にさらに2点を加えた知念が初戦を飾りました。

無念の初戦敗退となった沖縄工業でしたが、試合後選手たちは知念を訪問。自分たちの分まで勝ち上がってほしいとエールを送り、固い握手を交わしました。

Qプラススポーツ部 高校野球、熱戦始まる

続いてはきょうの試合。沖縄セルラースタジアム那覇では第1シード・興南が登場!両チーム無得点で迎えた3回、興南は5番・知念勇気の先制タイムリーで打線に火が付き怒涛の5連打!この回6点を奪います。

投げては7回、今大会注目の左腕・宮城大弥がマウンドへ。2つの三振を奪うなど3人でピシャリと締め、興南が101回目の夏、好スタートを切りました!

興南 宮城大弥選手「また次から厳しい戦いも始まると思うので今の調子を崩さずもっと上げて勝っていけるようにしていきたい」

Qプラススポーツ部 高校野球、熱戦始まる
Top