2011年6月3日

ギャラクシー賞報道活動部門 「オキナワ1945島は戦場だった」優秀賞

戦後65年の2010年の1年間、ステーションQのエンディングで放送した、「オキナワ1945島は戦場だった」が、日本の放送文化に貢献した団体などに送られるギャラクシー賞の「優秀賞」を受賞しました。 ギャラクシー賞の贈賞式は2日、...続きを見る

2010年12月24日

特集 島は戦場だった 最終回 クリスマスに舞ったかぎやで風

きょうは1年間お送りしてきた「オキナワ1945 島は戦場だった」の最終回拡大版でお伝えします。QABでは戦後65年目を迎えた今年、戦争を体験した方々の高齢化が進む中、戦争を知らない私達の世代があの沖縄戦をどうやって継承していける...続きを見る

2010年12月23日

65年前のきょうは1945年12月23日(日)

戦争で行政機能が停止していた八重山に、65年前のきょう、アメリカ軍が軍政布告の文章を貼り出しました。 「八重山郡民に告ぐ」と書かれたこの貼紙。アメリカ軍が八重山に軍政府を樹立すると宣言したものです。日付は65年前のきょう12...続きを見る

2010年12月22日

65年前のきょうは1945年12月22日(土)

65年前のこの頃、ハワイに移住した県出身者たちが、沖縄に救援物資を送り始めます。1945年12月、救援物資の荷造りを終え、記念写真を撮る人々。 故郷の窮状を案じたハワイ在住の県出身者たちを中心に、衣服や食料・文房具などの生活...続きを見る

2010年12月21日

65年前のきょうは1945年12月21日(金)

65年前のこの頃、満州にいた少女はマイナス30度の厳しい寒さの中、収容所にいました。 南風原町の石川キヨさんは1943年、15歳のときに満州に渡りました。当時、満州では日本からの満蒙開拓団が地元住民や朝鮮からの移民を立ち退か...続きを見る

2010年12月20日

65年前のきょうは1945年12月20日(木)

65年前の12月、石垣島で小さなかまぼこ店が開業しました。 石垣島のかまぼこ店、多くのお客さんが訪れます。創業者の金城ヨシさん。戦争中は台湾に疎開していました。戦争が終わり石垣に戻ったヨシさんは65年前の12月、行商からかま...続きを見る

2010年12月17日

65年前のきょうは1945年12月17日(月)

65年前の年末、まだ食べるのにも困るような物不足の中、貴重な漆を探し出し、仕事を始めた職人がいました。 収容所の中で作られた嫁入り道具の衣裳櫃。本来ならば漆器になるはずでしたが、漆が手に入らず、表面にはニスとペンキが塗られて...続きを見る

2010年12月16日

特集 島は戦場だった あるアメリカ人神父の思い

沖縄の初期占領政策に携わったアメリカ海軍将校について、先日お伝えしました。沖縄での経験から、人生半ばで神父となった彼の生涯は、その後も日本と深く関わりを持つことになります。 1945年、沖縄。運動会、遠足、伝統芸能。カラーフ...続きを見る

2010年12月14日

65年前のきょうは1945年12月14日(金)

65年前の12月、石川と越来の間で、沖縄本島では戦後初の電話回線が開通します。 戦争によって、明治から築き上げた電信電話の全ての施設が焼失。沖縄の電話事業は「無」の状態からの再建となりました。 石川の沖縄諮詢会通信部は、アメ...続きを見る

2010年12月13日

65年前のきょうは1945年12月13日(木)

戦火を生き延びた人々は必死に生活を取り戻そうとします。しかし「戦果取り」と呼ばれた行動で多くの人が犠牲となりました。 旧居住地への復帰が認められ故郷に戻った人々は衣食住を確保することに奔走する毎日でした。 65年前のこの頃の...続きを見る

次ページへ »

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.