2018年2月22日

辺野古 オキナワハマサンゴに一部食害か

辺野古の新基地建設を巡り、2月16日に県が採捕許可を出したオキナワハマサンゴの一部に食べられたとみられる傷があることがわかりました。 沖縄防衛局によりますと、食害とみられる傷が見つかったのは、16日に県が特別採捕許可を出した希...続きを見る

うるま市議会がオスプレイ部品落下に抗議

2月8日に発生したオスプレイからの部品落下事故について、うるま市議会は2月22日に沖縄防衛局に意見書を手渡して抗議しました。 うるま市議会の議員らは、部品を落下させたオスプレイの配備撤回や飛行停止を求める全会一致の意見書を手渡...続きを見る

2018年2月21日

県議会 オスプレイ部品落下で抗議決議

2月9日、伊計島の海岸でオスプレイから落下した部品が見つかった事故で、県議会は2月21日に意見書と抗議決議を全会一致で可決しました。 県議会で米軍基地関係特別委員会仲宗根悟委員長は「改善の兆しも見られないまま訓練を繰り返す県民...続きを見る

2018年2月20日

サンゴ移植許可の撤回を要請

新基地建設が進む辺野古の工事海域のサンゴ移植について、2月20日に新基地建設に反対する市民らが県を訪ね、国に与えた許可の撤回を要請しました。 2月16日、県は新基地建設の工事が予定される海域に生息する絶滅危惧種「オキナワハマサ...続きを見る

山城議長ら 無罪を求める署名提出

東村高江でのヘリパッド工事の抗議活動で、防衛局の業務を妨害した罪などに問われている平和運動センター議長の無罪を求める署名を支援団体が那覇地方裁判所に提出しました。 この裁判は高江での抗議活動中に防衛局の職員にけがをさせたなどと...続きを見る

2018年2月17日

新基地建設海域のサンゴに初の移植許可

新基地建設が進む辺野古の工事海域の希少なサンゴについて、県は16日、別の場所への移植を求めた沖縄防衛局の申請を許可しました。 移植が許可されたのは、今後工事が予定される海域に生息する絶滅危惧種「オキナワハマサンゴ」1群体で、県...続きを見る

2018年2月16日

オスプレイ空中給油 集落から目撃される

14日、国頭村安田の海岸付近で空中給油訓練をするオスプレイを視聴者のカメラがとらえました。 これは、14日の午後5時45分ごろ、国頭村安田の集落内から撮影された映像です。南から北の方角へ飛行する航空機と、その背後を飛ぶオスプレ...続きを見る

2018年2月15日

県議会 オスプレイ部品落下で抗議決議へ

2月9日、伊計島の海岸でオスプレイから落下した部品が見つかった事故で、県議会は2月15日に特別委員会を開き、抗議決議案などを本会議に提案することを決めました。 9日、伊計島の海岸で普天間基地所属のMV22オスプレイから、飛行中...続きを見る

2018年2月14日

オスプレイ部品落下 宜野湾市が米軍に抗議

うるま市・伊計島の海岸にオスプレイの部品が落下した事故を受け、宜野湾市がアメリカ軍に抗議しました。14日午前、キャンプ・フォスターの海兵隊司令部を訪れたのは、宜野湾市の松川副市長です。 海兵隊の担当者に対し、県側への落下事故の...続きを見る

緑ヶ丘保育園の保護者が外国特派員協会で会見

アメリカ軍ヘリからの落下が疑われる部品が見つかった宜野湾市の緑ヶ丘保育園の保護者らが、保育園上空の飛行禁止を海外メディアに訴えました。 宮城智子父母会会長は、「これは命に関わる大惨事になり得る大事故だと思うんです。二度とこんな...続きを見る

次ページへ »

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.