2017年4月28日

Qプラスリポート 女性暴行殺害事件から1年 遺族手記公表

うるま市で20歳の女性が元アメリカ兵の男に殺害された事件からきょうで1年です。きのう女性の遺族が手記を公表し、その、苦しい胸の内を語りました。 元アメリカ海兵隊員のケネス・シンザト被告は、去年4月うるま市で当時20歳の女性を乱...続きを見る

オスプレイ墜落事故現場の環境影響調査結果まとまる

2016年12月のオスプレイ墜落事故について、沖縄防衛局は27日、環境への影響を調査した項目すべてで環境基準を下回ったとする調査結果を発表しました。 沖縄防衛局が事故現場周辺で水質や海底の底質などを調べた結果によりますと、調査...続きを見る

2017年4月27日

海兵隊グアム移転は2024年から

沖縄に駐留しているアメリカ海兵隊のグアムへの移転について、アメリカ軍の司令官が7年後の2024年から始まるという見通しを明らかにしました。 4月26日に開かれた、アメリカ議会下院の公聴会で、海兵隊のハリス太平洋軍司令官は、沖縄に...続きを見る

2017年4月26日

Qプラスリポート 発効65年 日米地位協定

65年前の4月28日、基地問題の原点とも言えるできごとがありました。サンフランシスコ講和条約と日米安保条約、そして、安保条約に基づいて作られた行政協定、今の日米地位協定が発効したのです。 きょうは、不条理とも言われる日米地位協定...続きを見る

工事着手から一夜明けた辺野古では

辺野古での護岸工事着手から一夜明けた26日も、ゲート前では、建設に反対する人たちが抗議の声をあげました。 25日に工事が始まった現場では、26日は、護岸を造る目立った作業は確認されませんでした。一方シュワブゲート前では、工事車...続きを見る

共謀罪NO! 沖縄委員会発足

いわゆる「共謀罪」の成立を不安視する団体が集まり、25日、那覇市で学習会を開きました。 学習会では、日弁連の共謀罪対策本部で委員を務める大杉光子弁護士が講演を行いました。 大杉光子弁護士は、いわゆる「共謀罪」の成立は、犯罪実行...続きを見る

県議会軍特委 流弾事故で抗議決議採択

恩納村の安富祖ダム工事現場でアメリカ軍の流れ弾のようなものが見つかったことを受け、4月26日、県議会アメリカ軍基地関係特別委員会が開かれています。 委員会では県による調査でアメリカ軍の流れ弾であることが推測されるという報告を受...続きを見る

2017年4月25日

政府が辺野古埋立着手 知事「重大な決意で対処」

辺野古の新基地建設に向け政府は4月25日、名護市辺野古の予定海域で石材の投入を始め、埋め立て工事に着手しました。翁長知事は会見で「重大な決意で対処する」と今後、訴訟に踏み切る考え示しました。 名護市辺野古の海上では厳戒態勢のな...続きを見る

辺野古新基地NOは61% 県民意識調査

QABでは県内の有権者を対象に県民意識調査を実施しました。その結果です。 調査は沖縄タイムスと朝日新聞と共同で、県内の有権者を対象に4月22日と23日、電話で行われ、有効回答は896人、回答率は46%でした。 普天間基地の...続きを見る

パラシュート降下訓練で三連協が防衛局に抗議

4月24日のアメリカ軍によるパラシュート降下訓練で三連協が抗議しました。 25日午前、沖縄防衛局を訪れた三連協のメンバーは「今回の訓練は住民に更なる基地負担の増大を招くもの。断じて容認できない」と抗議した上で、パラシュート降下...続きを見る

次ページへ »

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.