2018年4月25日

護岸工事着工1年 陸でも海でも抗議続く

辺野古の新基地建設で埋め立てをするために海を囲う護岸の工事が始まって25日で1年です。この日にあわせて大規模な抗議行動が行われました。 新基地建設反対を訴える海上での抗議行動には朝早くからおよそ240人が集まりました。 兵庫県...続きを見る

辺野古 護岸工事着手1年で海から抗議

辺野古の新基地建設の護岸工事が始まって25日で1年。海上で抗議行動が行われました。 新基地建設反対の意思を示す抗議行動には県内外からおよそ240人が集まりました。参加者らは「国とかに対しては(新基地建設を)認めていない、許して...続きを見る

2018年4月24日

名護市に約30億円の再編交付金

政府は名護市に対し、辺野古の新基地建設に絡む再編交付金約30億円を支給する方針を固めました。 再編交付金は在日アメリカ軍の再編に伴い、影響を受ける関係自治体に再編計画の進み具合などに応じて支給されるもので、政府は昨年度から今年...続きを見る

2018年4月23日

抗議行動に400人も資材搬入強行

名護市辺野古のキャンプシュワブ前で、新基地建設に反対する人たちが大規模な抗議行動を行いました。抗議行動には県内各地から約400人が参加。 午前8時ごろから新基地建設の工事現場につながるゲート前に座り込んで工事中止を訴えました。...続きを見る

2018年4月21日

跡地利用の難しさ露呈 普天間高の移転断念

アメリカ軍の返還跡地、西普天間住宅地区の跡地利用について話し合う協議会が20日開かれ、用地取得がとん挫していた県立普天間高校の移転を断念することが決まりました。 県立普天間高校の移転については、西普天間住宅地区の跡地に、およそ...続きを見る

2018年4月20日

辺野古の地質調査 公開求める

名護市辺野古で進められている新基地建設を一時的に中止するよう、名護市議会議員らが4月20日に沖縄防衛局に要請しました。 要請した名護市議団は、新基地建設が進む辺野古沖の地盤の一部が非常に弱いことや活断層が存在する可能性を指摘し...続きを見る

2018年4月19日

「子どもたちを守りたい」シンポ開催へ

「どうやって子どもたちを守るのか」2017年12月、宜野湾市の保育園や小学校に相次いでアメリカ軍ヘリの部品が落下した事故を受け、シンポジウムが開催されます。 保護者の女性は「なんら変わらない現状、現実に、もうそろそろ宜野湾市民...続きを見る

2018年4月18日

米軍ヘリが熊本空港に緊急着陸

またもや、緊急着陸です。普天間基地所属のアメリカ軍のヘリコプターが4月18日午後、熊本空港に緊急着陸しました。 防衛省によりますと18日午後1時過ぎ、アメリカ軍普天間基地所属の多用途ヘリコプターUH1と攻撃ヘリコプターAH1が...続きを見る

相次ぐパラシュート降下訓練に意見書

米軍によるパラシュート降下訓練の中止を求めて、うるま市議会は抗議決議と意見書を全会一致で可決しました。 うるま市議会基地対策特別委員会の喜屋武力委員長は「度重なる訓練の実施は、地域住民に対する安全確保の配慮が欠けており、いかな...続きを見る

2018年4月17日

県道70号共同使用文書 控訴審も開示決定取り消し

北部訓練場内を通る県道の共同使用に関する公文書を県が開示したのは違法だとして、国が取り消しを求めた裁判の控訴審が開かれ、福岡高等裁判所那覇支部は開示決定を取り消した1審判決を支持し、県側の控訴を棄却しました。 この裁判は、北部...続きを見る

次ページへ »

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.