2018年6月18日

嘉手納町議会 米軍司令官の面会拒否に抗議

嘉手納基地の司令官が抗議の面会を拒否していることに対し、嘉手納町議会は、改善を求める意見書を全会一致で可決しました。 嘉手納町議会當山均基地対策特別委員長「町民の意向などお構いなしに軍事訓練を優先する日米両政府に対する怒りは頂...続きを見る

2018年6月17日

空自F15が滑走路進入 事故調査官が現地調査

6月14日、那覇空港で航空自衛隊のF15戦闘機が管制官の指示に従わず、滑走路に進入した重大インシデントに関して、国土交通省の事故調査官が関係者から聞き取り調査を行いました。 この重大インシデントは、14日午後8時25分ごろ、那...続きを見る

2018年6月16日

空自F15が滑走路進入 事故調査官が沖縄入り

14日夜、那覇空港で航空自衛隊のF15戦闘機が管制官の指示に従わず滑走路に進入し、国土交通省は重大インシデントとして16日、調査官を派遣しました。 国土交通省などによりますと、14日午後8時25分ごろ、滑走路手前で待機するよう...続きを見る

2018年6月14日

県議会も抗議決議へ 「抗議の成果ない」指摘も

アメリカ軍のF15戦闘機が墜落した事故に対し、県議会でも抗議決議と意見書が可決される見通しとなりました。 県議会の特別委員会は、墜落事故から2日でF15戦闘機の飛行を再開させたアメリカ軍に対し、事故原因を究明するまで飛行を中止...続きを見る

2018年6月13日

F15飛行再開 原因も対策も不明で地元困惑

墜落事故からわずか2日での飛行再開です。アメリカ軍は、6月13日、墜落事故を起こしたF15戦闘機の飛行を再開させました。 事故原因や再発防止策は発表されていません。嘉手納基地では午前7時50分すぎにF15戦闘機が離陸。 墜落事...続きを見る

土砂投入通知で高まる批判の声

辺野古の新基地建設にむけ土砂投入を8月17日に行うとした政府の通知から一夜明け、反対運動の現場では批判の声が上がりました。 沖縄防衛局は6月12日、8月17日の土砂投入を県に通知。埋め立ての開始日が示されたことで現場は緊張が高...続きを見る

F-15戦闘機が飛行を再開 事故から2日

米軍のF-15戦闘機が墜落した事故から2日、F-15戦闘機が13日飛行を再開させました。 中村カメラマンは、「墜落した同型機のF-15戦闘機が嘉手納基地を飛び立っていきます。事故2日後の飛行再開です」とリポートしました。 嘉手...続きを見る

2018年6月12日

辺野古土砂投入は8月17日から 沖縄防衛局が通知

「埋め立て」に向け、大きく動き出しました。沖縄防衛局は12日、辺野古への土砂投入を8月17日と県に通知しました。 沖縄防衛局は12日、事前協議を終えたとして、県に対して赤土等流出防止条例に基づく「通知」を提出しました。文書で、...続きを見る

F15墜落で抗議・要請が相次ぐ

11日にアメリカ軍のF15戦闘機が墜落した事故。飛行停止を求める声が相次ぎました。 11日午前6時半ごろ、沖縄の南90kmの海上で訓練中のF15戦闘機が墜落した事故では、パイロットが重傷を負っています。 嘉手納基地の地元自治体...続きを見る

2018年6月11日

F15墜落 パイロットは脱出・救助

11日朝早く、アメリカ軍嘉手納基地所属のF15戦闘機が沖縄の南およそ90キロの海上に墜落しました。 防衛省によりますと午前6時半ごろ、嘉手納基地所属のF15戦闘機1機が沖縄の南およそ90キロの海上に墜落しました。事故機のパイロ...続きを見る

次ページへ »

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.