2017年7月13日

豪雨被害の福岡・朝倉で活動の特別救助班が帰任

先週、福岡や大分など北部九州に甚大な被害をもたらした豪雨で、現地での任務を終えた県警の特別派遣部隊が12日に沖縄に戻りました。 被災地に派遣されていたのは2017年4月に県警に新設された広域緊急援助隊の特別救助班で通称「P-R...続きを見る

2017年7月3日

台風3号 引き続き注意を

7月2日、沖縄近海で発生した台風3号は、石垣島の北の海上を北上していて、先島諸島から次第に遠ざかる見込みですが、沖縄気象台では、引き続き強風や高波に注意するよう呼びかけています。 3日、台風が接近した石垣島では、午前1時53分...続きを見る

2017年6月28日

大雨による農林水産被害2億5400万円

6月12日から続いた大雨の影響で、県内では、農林水産業で2億5400万円あまりの被害が出たことが、県のまとめでわかりました。 県内では、12日からのおよそ1週間に梅雨前線の影響で、名護市で428ミリ、東村で352ミリの雨が降る...続きを見る

2017年5月20日

災害時の外国人支援サポーター養成講座

大地震などの災害時に、外国人の支援にあたる支援員を養成する講座が浦添市で開かれています。 この講座は県内で大規模な災害が発生した際、避難所を回って外国人の被災状況を確認したり、支援に関する情報を外国語に翻訳するなどの役割を担う...続きを見る

2017年5月17日

大雨の影響で被害相次ぐ

13日に梅雨入りしてから沖縄地方では断続的に雨が降り続いていてまとまった雨の影響で16日から各地で災害が発生しました。 北谷町桑江では16日午後7時ごろ公民館の隣のアパートの建設現場でコンクリートの壁の一部が崩れました。建設中...続きを見る

2017年5月16日

県災害医療コーディネーター 医師5人に委嘱状

災害時、県の医療活動の司令塔となる県災害医療コーディネーターに5人の医師が選ばれ、16日に委嘱状が交付されました。 県災害医療コーディネーターは、県が3月に策定した災害医療マニュアルに基づいて、新たに設置する特別職です。災害時...続きを見る

2017年4月11日

熊本地震から1年 沖縄の防災は…

熊本地震から4月14日で1年。防災への取り組みについて考えます。 では取材した上間記者です。防災についての関心は高まっていると思いますが県内はどうなんでしょうか。 上間記者「はい、まずはこちらのデータをご覧くださいい。こち...続きを見る

2017年3月2日

イオン琉球で防災訓練

大地震が起きたときの対応を確認しようと2日、県内でスーパーなどを運営する会社が防災訓練を行いました。南風原町で防災訓練を行ったのは、県内で41店舗のスーパーなどを運営するイオン琉球です。 訓練は午前8時に最大震度6強を観測した...続きを見る

那覇市がタンク一体型給水車を導入

東日本大震災や熊本地震災害の際、応援に駆け付けた那覇市上下水道局は2日、災害時に対応するタンク一体型の加圧式給水車を導入しました。 これは災害現場で、生命に直結する飲料水の確保が最大の課題だと痛感した那覇市上下水道局が、一括交...続きを見る

2017年2月18日

県の危機管理を考えるシンポ

災害や風評被害など観光における危機管理について考えるシンポジウムが、17日に那覇市で開かれました。 シンポジウムには観光業の関係者や市町村の職員などが出席し、糸満市と南城市の担当者が地震や津波などを想定した観光地における防災計...続きを見る

次ページへ »

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.