2018年4月25日

ごみ山問題 取り消し後 県が初の住民説明会

不法投棄で沖縄市の産業廃棄物処理業者が許可を取り消された問題で、24日夜、初の住民説明会が開かれました。 県が開いた非公開の説明会には、池原・知花・登川地区の住民らおよそ60人が参加。県の担当者は、許可を取り消した経緯や現状の...続きを見る

2018年4月24日

Qプラスリポート ケラマの四季 座間味島の旧暦行事

自然豊かなケラマ諸島。国立公園にも指定されました。1年を通して四季折々の表情を見せてくれる場所です。その島で伝統の神事が行われた、旧暦の3月3日の1日を追いました 座間味は、那覇から西へ40キロ。「慶良間ブルー」と呼ばれる...続きを見る

2018年4月20日

飼育の裏側に潜入!マナティーの餌は何?

海洋生物の生態をもっと知ってもらおうと、本部町の海洋博公園で新しいガイドツアーが始まりました。 4月20日から始まったのは海洋博公園の飼育の裏側をガイドするツアーで、マナティーやウミガメ、そしてイルカの飼育現場を担当の飼育員と...続きを見る

2018年4月3日

「星空保護区」暫定だけど国内初認定!

美しい八重山の星空の話題です。この星空を守る活動が続けられてきた八重山地域に、このほど、日本初の「星空保護区」が誕生しました。 人工的な夜の光が少ない、暗い夜、美しい星空を守ろうと2001年にアメリカで始まった環境保護プログラ...続きを見る

2018年3月31日

宮古島 イワサキクサゼミ鳴く

宮古島では早くも初夏を告げるあの音が聞こえてきたようです。 島の道路沿いの畑で聞こえてきたのは、小さなイワサキクサゼミの初夏を告げる鳴き声です。 鳴き始めは平年だと4月初旬ごろということですが、ことし、宮古島では少し早く、ジー...続きを見る

2018年3月26日

世界自然遺産候補地地域連絡会議

世界自然遺産の登録に向け、自然保護など管理のあり方を話し合う地域連絡会議が26日、沖縄で初めて開催されました。 会議には、環境省をはじめ沖縄と鹿児島、両県の各自治体からおよそ30人が集まり各候補地の適正な保全や管理などの活動に...続きを見る

2018年3月24日

大浦湾守るシンポ

貴重な生物が数多く生息する名護市大浦湾の環境保護をテーマにしたシンポジウムが24日に開かれました。 国立劇場おきなわで開かれた県主催のシンポジウムでは、国際自然保護連合IUCNの研究者で、海洋生態学などに詳しいフランソワ・シマ...続きを見る

本部町沖 海上で飼育体験ツアー

美ら海水族館の生き物の飼育を体験する一風変わったツアーが本部町で始まりました。 24日から始まったこのツアー。23日は一足早く地元の子どもたちが、水族館が調査研究のために設けた巨大な海上いけすに移動しツアーを体験しました。 子...続きを見る

2018年3月22日

IUCNの海洋専門家が知事を訪問

IUCN国際自然保護連合の海洋分野の専門家が22日に翁長知事を訪ねました。県庁を訪れたのは、スイスのジュネーブに本部がある国際自然保護連合の世界海洋極地プログラム副部長のフランソワ・シマールさんです。 シマールさんは24日に行...続きを見る

2018年3月20日

石垣島 目指せ!究極のエコアイランド

先月から石垣市で、電動スクーターのシェアリングサービスが始まりました。このサービス、専用のバッテリーステーションを設置するもので、台湾で始まり、ヨーロッパでも高い評価を受けているもので、日本初上陸ということなんです。一体どのよ...続きを見る

次ページへ »

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.