2019年3月13日 18時27分

嘉手納パラシュート降下訓練 日本政府も問題視

嘉手納パラシュート降下訓練 日本政府も問題視

嘉手納基地で相次いで行われているパラシュート降下訓練について、アメリカ側の「例外」の解釈について日本政府からも問題視する発言が飛び出しました。

12日の衆議院安全保障委員会で、河野外務大臣は、SACO合意で「例外的」な場合に実施できるとされる嘉手納基地でのパラシュート訓練は悪天候などの制約で伊江島で行えない場合などと「例外」の事例を明示しました。

河野太郎外務大臣「この例外的な場合を拡大解釈することは許されるべきではないと考えておりまして基本的に伊江島補助飛行場で訓練を行っていただく」

また河野大臣は、悪天候でも伊江島で訓練が行えるよう、機材の整備などを求めていく考えも明らかにしました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.