2019年2月11日 18時31分

Qプラススポーツ部 ドラフト候補 日本通運・諸見里匠

県内各地では、プロ野球キャンプが盛り上がりを見せていますが社会人野球チームもキャンプを行っています。その中に、決意を新たに練習に励む県出身選手がいました。

宮古島市でキャンプを行うのは、埼玉県を本拠地に置く、日本通運野球部。全国制覇の経験があり、プロ野球選手も多く輩出している名門です。その名門で、レギュラーとして活躍する県出身選手がいます。

Qプラススポーツ部 ドラフト候補 日本通運・諸見里匠

今年入社2年目の、諸見里匠選手。この名前に聞き覚えのある高校野球ファンの方もいるのではないでしょうか。

諸見里選手は、沖縄尚学高校出身。2013年には、キャプテンとしてチームを引っ張り、甲子園出場を果たしました。

その後、国学院大学を経て、日本通運へ進みルーキーイヤーから高い守備力を買われ、ショートのレギュラーを勝ち取り、名門野球部の主力として活躍しています。

Qプラススポーツ部 ドラフト候補 日本通運・諸見里匠

諸見里匠選手「一年間通して試合に出させてもらったんですけど、まだまだ自分の中ではできるんじゃないかと思った」

1年目から通用する部分もあったと話す諸見里選手ですが日本通運へ入る前、ある悔しい思いをしていました。

大学4年の秋、プロ入りを目指しプロ志望届を提出しましたが諸見里選手の名前が呼ばれることはありませんでした。

Qプラススポーツ部 ドラフト候補 日本通運・諸見里匠

諸見里匠選手「周りの方はネットにも名前が載ってめちゃめちゃ期待してたので。みんなの夢を壊してしまったような形になってしまった。西武に行った与座は同級生ですし、彼が(プロに)行ったのはうれしい反面、自分も行きたかった」

プロに指名されなかった諸見里選手に声をかけたのが日本通運。プロになれなかった悔しさを抱きながらの入社でしたが、周りからの言葉に気持ちはすぐに切り替わりました。

諸見里匠選手「日本通運に入社したときにいろんな先輩方から、(ドラフト指名の資格を得る)2年後、お前がたくさん練習して勝負できる年になるんだからそれを前向きに考えろとたくさん言われてきたので、そこで自分は切り替えて、(拾ってくれた)このチームを勝たせてやりたいなと思えた」

Qプラススポーツ部 ドラフト候補 日本通運・諸見里匠

守備には定評がある諸見里選手ですが、課題はバッティング。この日、全体練習が終わったあともコーチに指導を仰ぎながら積極的にバットを振り続けました。

毎日当たり前のように1000回以上バットを振っているという諸見里選手。それは2年前に達成できなかったプロ入りのためではなくチームのためでした。

諸見里匠選手「プロに行けなくても獲ってくれたチームなので、プロのことは片隅においてチームを勝たせて、その中で自分が活躍できればプロにいけると思うので、チームのことだけ考えてやりたいと思います」

チームへの恩返しのために。そしてその先にある大きな目標に向かって。諸見里選手の勝負の一年は始まっています。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.