2019年1月11日 18時31分

宮古新報社 全社員に解雇通知

宮古新報社 全社員に解雇通知

宮古島の日刊新聞、宮古新報社が揺れています。社長が10日突然、業績不振を理由に全社員14人に解雇を通知し、会社清算の手続きに入りました。

宮古島市の地域新聞、宮古新報社では、解雇を通知された従業員らが会見を開き、社長に対して怒りをあらわにしました。

宮古新報社の組合員は「一方的な解雇通知に対して、絶対に許せない」と話していました。

宮古新報社の経営は、11日付の紙面で、廃刊の社告を掲載し、新聞発行を終えることを決めていましたが、労組がスト権を行使して、社告の掲載を拒否。不当解雇を訴え、新聞発行継続を模索していました。

座喜味社長は、社員に対して日常的にパワハラやセクハラを行っているとして、労働組合から退任を求められています。

座喜味弘二社長は「厄介な連中だよ。(団体交渉では組合から)何も異論はなかったよ。きのうの夕方になって『継続してほしい』と。そんなことはできるはずはない」と述べました。

また記者から「廃業する理由は?」との質問に対しては、「経営的にも私が先頭に立たなければできない。これ以上僕が進めると、僕に依存してね、働かないのよ!働かない!」と話しました。

座喜味社長と労働組合との対立は深くなる一方、解決の糸口は見えていません。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.