2019年2月14日

特集 過去の住民投票にみる課題

辺野古の埋め立ての賛否を問う県民投票。沖縄で基地問題をめぐる県民投票は2回目、名護市民投票も含めると住民投票は今回で3回目です。沖縄が過去2度経験した住民投票から今私たちが学ぶべきこととは。過去の取材映像を中心に振り返ります。 ...続きを見る

辺野古埋め立て県民投票 きょうの動き

辺野古新基地建設に伴う埋め立ての賛否を問う県民投票がきょう告示されました。きょうの1日の動きを追いました。 公報が張りだされ、県民投票が告示されました。 玉城知事「県民のみなさまの意思が適格に反映された県民投票となる...続きを見る

「反対」呼びかけ大集会 県庁前に約300人

きょうは朝から賛成・反対、それぞれの立場で投票を呼び掛ける人々がPRを始めています。今まさに大集会が行われている会場から中継です。 県民投票の告示に合わせて、出発式が行われている那覇市の県庁前です。 辺野古新基地建設に反対す...続きを見る

JALグループ 乗客にチョコレートプレゼント

バレンタインデー。JALグループでは搭乗者にチョコレートが配られました。 このうち久米島便では、客室乗務員の石井優花さんや、ファッションキャンディの知念律子社長らが「きょうはバレンタイン。どうぞお召し上がりください」と乗客にちんすこうショコラをプ...続きを見る

県民投票 告示

新基地建設に伴う、辺野古埋め立ての賛否を問う県民投票が14日に告示されました。 玉城知事は「県民の皆様ご自身の意思を直接問うことができる大変貴重な機会です。県民の皆様にはぜひ投票所に足を運んでいただき、貴重な一票を投じていただくようよろしくお願い...続きを見る

「反対」呼びかけ シュワブ前で出発式

土砂投入から2カ月、そして県民投票告示日を迎え、ゲート前周辺には多くの人が集まっています。 「反対」への投票を呼かける県民投票連絡会は、キャンプシュワブのゲート前で出発式を行いました。沖縄市から参加した80代の男性は「沖縄の県民の平和に対する運動...続きを見る

受刑者が逃走した想定で訓練

13日、南城市の沖縄刑務所で、受刑者が逃走した想定で訓練が行われました。この訓練は、沖縄刑務所と与那原警察署が毎年、合同で実施しています。 刑務所には模範囚に限り、外の会社などで就労を体験させる制度があります。今回の訓練は初めて、その会社から就労...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.