2019年1月15日

Qビズ 航空機整備ビジネスが始動

県内企業の挑戦を応援するQビズです。今月から那覇空港で、航空機の整備を専門に行う事業がスタートしました。国内最大規模の格納庫で始まった航空機整備ビジネスについてお伝えします。 那覇空港の滑走路から見える、巨大な...続きを見る

Qプラスリポート 理系女子「リケジョ」が奮闘

先月、恩納村にある沖縄科学技術大学院大学で行われた理系の高校生のプレゼン大会。高校生とは思えないハイレベルな大会に挑んだ「リケジョ」たちに密着しました。 高校生たちが日ごろの研究の成果を発表するプレゼン大会。そ...続きを見る

宮﨑政久議員資料が波紋

これまでに5つの市が不参加を表明している辺野古埋め立ての是非を問う県民投票。その背景に自民党国会議員の姿が見えてきました。 議員たちの勉強会で、自民党の宮﨑政久衆議院議員が配布した資料には県民投票への不参加を促すような記述がありました。 宮...続きを見る

玉城知事がうるま市長と面談

県民投票に事実上、不参加を表明したうるま市長を説得するため玉城知事が面談に訪れました。 島袋俊夫市長は「検討の可能性があると、ぜひ知事の裁量権で見直しも含めて、もう一度県議会も含めて再検討できないものか」と話しました。 うるま市の島袋市長は...続きを見る

いじめ自殺裁判 第1回口頭弁論

4年前、豊見城市で小学4年の男子児童がいじめを苦に自殺したとして、両親が市などを相手に損害賠償を求めている裁判の第一回口頭弁論が那覇地方裁判所で始まりました。 この裁判は2015年10月、豊見城市で同級生からズボンを下げられるなどのいじめを受けて...続きを見る

泡盛 無形文化遺産登録へ向け寄付金

県内の泡盛メーカーが琉球料理や泡盛のユネスコ無形文化遺産登録を目指す活動に寄付金を贈りました。 琉球料理や泡盛のユネスコ無形文化遺産登録を目指し、現在、推進委員会が署名活動を行っています。この活動に寄付金を贈呈したのは、まさひろ酒造で、署名活動に...続きを見る

県民投票「全県実施を!」元山代表がハンストで訴え

県民投票の実施をめぐり、これまでに5つの市が「不参加」を表明していることを受け、1月15日すべての市の参加を求め、署名運動を展開した「辺野古」県民投票の会の元山代表が、宜野湾市役所前でハンガーストライキを始めました。 元山仁士郎代表は「(宜野湾)...続きを見る

新成人に県民投票参加を呼びかけ

辺野古埋め立ての是非を問う県民投票への参加を促そうと1月13日、県内の成人式会場で新成人に向けたPR活動が行われました。 この活動は2月24日に予定されている県民投票において若い世代の投票率の向上を図ろうと県が主催したもので、県民投票の実施を...続きを見る

波上宮でドンド焼

2018年の1年間大切にしてきたお守りや縁起物などを焼いて、感謝する「ドンド焼」が行われました。 毎年恒例の「ドンド焼」。15日の朝、波上宮には、2018年1年間、大切にしてきたお守りなどを手に人が訪れ宮司のお清めの後持って来たお守りが焼かれ...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.