2018年12月20日 18時32分

平和祈念公園の崖で男性の白骨遺体見つかる

平和祈念公園の崖で男性の白骨遺体見つかる

12月17日糸満市の平和祈念公園内の崖で、白骨化した男性の遺体が発見されたていたとがわかりました。

警察によりますと、17日午後3時半ごろ、糸満市摩文仁にある平和祈念公園内で、50代から60代とみられる男性の遺体が発見されました。

男性は、海沿いの崖の中腹辺りで発見され、遺体の全体が白骨化していることから死後数年が立っているものと見られています。

遺体には転落した際についたとみられる骨折の痕が複数箇所、確認されているということです。

男性は、灰色のトレーナーや紺色の長ズボンなどを身に着けていた他、CYVEAT製の腕時計なども現場付近からは見つかっているということです。

警察は、男性の身元の特定を急ぎ、事件事故の両面で捜査を進めています。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.