2018年12月15日 11時52分

土砂投入から一夜 ゲート前で知事「あきらめない」

土砂投入から一夜 ゲート前で知事「あきらめない」

辺野古の新基地建設で国が14日に土砂投入を開始したことを受け、玉城知事は15日午前、抗議活動が続く現場を訪れ「私たちは諦めない」と述べました。

15日午前11時、キャンプシュワブのゲート前に到着した玉城知事は、新基地建設阻止に向け連日抗議の声をあげ続ける人たちから拍手で出迎えられました。

集まった多くの人を前に玉城知事は、土砂を投入した国の強硬姿勢を「暴挙」と非難したうえで「心をひとつにして、あきらめずに頑張ろうと」と語り「うちなーのぐすーよー負きてぃないびらんどー。まじゅんちばてぃいかなやーさい(沖縄の皆さん、負けてはなりませんよ。ともに頑張っていきましょう)」と訴えました。

15日も土砂の投入作業は続けられていますが、県民の憤りを無視し、また、埋め立て予定地の一部に存在する軟弱地盤の問題などにも触れず工事を行う国の姿勢には大きく疑問の声が上がっています。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.