2018年11月22日 18時34分

伊江島の着陸帯 11月運用開始

伊江島の着陸帯 11月運用開始

米軍伊江島補助飛行場の着陸帯の改修工事が終了し、米軍が伊江村に対して、11月から使用開始することを伝えていたことがわかりました。

工事は2016年から始まり、飛行場内にある着陸帯を強襲揚陸艦の甲板に見立てるため、耐熱性の高い、厚いコンクリートに造り替えるもので、面積は約2倍に拡張されます。

伊江村によりますと、20日午前、在沖海兵隊の担当者が村を訪れ、着陸帯の改修工事が終了したこと、12月から着陸帯の使用を始めると報告したということです。

また着陸帯では、最新鋭戦闘機F-35とCH53輸送ヘリが訓練するとの説明があったということです。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.