2018年11月20日 18時27分

玉城知事「1日も早く」 こう着状態の那覇軍港移設

玉城知事「1日も早く」 こう着状態の那覇軍港移設

アメリカ軍那覇軍港の浦添移設問題について、玉城知事は「1日も早く進めたい」と述べました。

那覇軍港の移設問題は浦添ふ頭地区の北側に軍港を配置する計画に対し、浦添市は南側への配置と西向きのビーチの整備を柱とする案を主張していて、県と那覇市との協議が遅れています。

この問題について20日、玉城知事は就任後初めて出席した那覇港管理組合の議会で「浦添ふ頭地区も含めて、1日でも早く進めたいとの思いであります」と述べました。

これに対し、玉城知事と城間那覇市長、松本浦添市長の3人の面談を求める質疑が相次ぎましたが、玉城知事は国も参加する移設協議会で方向性を導き出すことが先決だとの認識を示しました。

那覇港管理組合の議会ではこれまでも同じようなやり取りが続き、議論は平行線をたどっていて、業を煮やした議員からは独自案を主張する浦添市に妥協を求める場面もありました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.