2018年11月11日 17時53分

仲地のぶひでイラスト絵画展

仲地のぶひでイラスト絵画展

イラストレーター仲地のぶひでさんの40年の歩みを伝える原画展が10日から浦添市で始まりました。

まるで今にも動き出すかのようなユーモラスに擬人化された動物たちや豊かなヤンバルの自然。描いたのは県内で活躍するイラストレーターの仲地のぶひでさんで40年の活動を振り返る初の個展を開催。作品は線だけで描かれた勇壮なエイサーなどタッチも技法も一つにとらわれていません。

仲地のぶひでさんは次のように話しました「40年やってきたアナログ線一本一本、経過とか時間とか、歴史を感じてほしいと思っています。」

訪れた人を魅了するイラスト原画展は18日まで浦添市美術館で開催されています。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.