2018年11月3日 11時51分

秋の叙勲 県関係者46人受賞

秋の叙勲 県関係者46人受賞

文化の日の3日に秋の叙勲受章者が発表され、県関係者では46人が受章しました。

旭日小綬章には、元県薬剤師会会長の神村武之さん(70)らおふたり。旭日双光章には県指定無形文化財「沖縄伝統舞踊」保持者の宜保正子さん(81)、宮古上布の製作技術者である新里玲子さん(70)など6人が選ばれました。

旭日双光章を受章した新里玲子さんは「一言では技の伝承という言葉で片づけられがちですが、宮古上布が生まれる技とともに、先人から受け継いできた精神性のようなもの。それを常々意識してきました」と受章の喜びを話していました。

このほか瑞宝中綬章、瑞宝小綬章、瑞宝双光章などで沖縄県関係者ではあわせて46人が受章しています。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.