2018年9月12日 18時25分

電子レシートによる生活利便性向上プロジェクト

電子レシートによる生活利便性向上プロジェクト

レシートを電子化して携帯電話のアプリに取り込むことで、生活の利便性を向上させるプロジェクトの記者会見が行われました。

「スマートレシート」は通常、紙で出されるレシートを即時に電子化するアプリで、利用者はレシートを管理する利便性が向上し、企業は、レシートを発行するコストの削減などが可能になります。

プロジェクトには、県内の6つ企業と47の店舗が参加。別の業種の店でも使えるクーポンを発行するなどして3万人の参加を目標としています。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.