2018年9月2日 17時53分

7月の有効求人倍率

7月の有効求人倍率

7月の県内の有効求人倍率は1.14倍で、各産業における人手不足の深刻な状況が続いています。

沖縄労働局によりますと7月の県内の有効求人倍率は1.14倍で、前の月より0.01ポイント上昇しました。

また、新規の求人数は1万702人で、前の年の同じ月に比べて、5.5%増加しました。

一方、仕事を求める求職者の数は2万4454人と、前の年の同じ月に比べ1.6%減少し、これで80カ月連続の減少となりました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.