2018年8月31日 11時58分

波照間で女性死亡 シュノーケリング中

30日午後、波照間島のビーチでシュノーケリングをしていた50代の観光客の女性がおぼれ、死亡しました。

石垣海上保安部によりますと、30日午後1時ごろ、波照間島のニシ浜ビーチで、シュノーケリングをしていた観光客の女性の姿が見えなくなりました。

石垣海上保安部などが周辺を捜索したところ、女性はおよそ3時間半後に波照間港の北およそ1.5キロの沖合で意識不明の状態で発見され、病院に搬送されましたが、間もなく死亡が確認されました。

死亡したのは家族で観光に来ていた奈良県の55歳の女性で、発見当時、ライフジャケットを身に着けていませんでした。

現在、石垣海上保安部が詳しい事故の原因を調べています。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.