2018年8月13日 11時57分

米軍ヘリ墜落から14年 市長が会見

米軍ヘリ墜落から14年 市長が会見

宜野湾市の沖縄国際大学にアメリカ軍のヘリコプターが墜落した事故から13日で14年が経つことを受け、佐喜眞宜野湾市長はあらためて普天間基地の危険性の除去を訴えました。

佐喜眞淳宜野湾市長「事故は、市民・県民に大きな衝撃を与えるとともに、まちのど真ん中にある普天間飛行場の危険性を改めて浮かび上がらせました」

13日の会見で佐喜眞市長は、基地負担軽減に逆行し、現在も多くの負担を強いられていて、市民の負担は限界を超えていると語気を強めました。

また市役所の1階では、悲惨な事故の記憶を風化させないよう、当時撮影した写真の一部などを展示するパネル展が開かれています。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.