2018年6月20日 11時58分

翁長知事「日本政府だけが辺野古に固執」

翁長知事「日本政府だけが辺野古に固執」 北朝鮮情勢が緊張緩和に向けて動き出したことに関し、翁長知事は、日本政府だけが辺野古新基地建設に固執していると疑問を呈しました。 20日の代表質問で会派おきなわの赤嶺昇議員は、朝鮮半島の緊張緩和を機に、沖縄のアメリカ軍基地の整理縮小を進めるべきだとして県の見解を質しました。 これに対し、翁長知事は、日本政府だけが辺野古新基地に固執していると指摘し、何のために基地を造るのかと疑問を呈しました。 また、辺野古の埋め立て予定海域に、沖縄防衛局が未確認としていた2つの大型サンゴが存在していると報道されたことについて、謝花喜一郎副知事は、大型サンゴ群が確認されれば、沖縄防衛局にサンゴ調査のやり直しと、県独自の立ち入り調査を求めていくとの見解を示しました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.