2018年5月31日 11時56分

加温栽培のマンゴー収穫始まる

加温栽培のマンゴー収穫始まる

マンゴー収穫のピークを前に、宮古島市では、加温栽培で育てた早出しマンゴーの収穫が始まりました。

宮古島市のユートピアファームでは、ビニールハウスに温風機を入れて、成育を早める「加温栽培」で育てたマンゴーが収穫の時期を迎え、紫色の実をつけていました。

加温栽培により、収穫の時期を通常栽培のマンゴーとずらせるため、計画的、安定的な出荷ができるほか、様々なメリットがあるということです。

ユートピアファーム宮古島の上地登さんは「作業の分散をするというのが、一番の目的。うちの農園は面積が広いから、作業が集中しないように加温栽培をしている。実の太りも良いし、着果も良いし、良いことがいっぱいあります」と話していました。

ユートピアファーム宮古島では、6月下旬に出荷のピークを迎えます。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.