2018年5月16日 18時26分

強制不妊手術の実態調査と救済を要請

強制不妊手術の実態調査と救済を要請

旧優生保護法下で、障害者らへの不妊手術が繰り返されてきた問題で、NPO法人が県に対し、実態調査などを要請しました。

要請を行ったのは、宜野湾市のNPO法人「沖縄県自立生活センターイルカ」で、県に対し、旧優生保護法下で行われた障害者らへの強制不妊手術に関する実態調査と被害者救済を求めました。

NPO法人の代表は、「私たちは、障害当事者として、この問題は、障害者の存在を認めない優生思想に基づく犯罪行為であり、すべての障害者の存在、人権及び尊厳を否定することであり、国は被害者への謝罪と賠償等を早急に実施すべきと思っています」と述べました。

NPO法人では、5月中に文書で回答するよう求めています。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.