2018年5月16日 11時56分

写真展「復帰の日を思う」

写真展「復帰の日を思う」

復帰の日、5月15日を撮り続けている写真家の作品展が、15から県立博物館・美術館で始まりました。

写真展「復帰の日を思う」には、北海道出身で県内在住の写真家・勇崎哲史さんが、1972年の復帰の日に、当時の宮古島・上野村で行われた祝賀会を撮影した写真など50点が展示されています。

92年、復帰20周年の作品は、下地町の路上でずぶ濡れになった少女、2012年の復帰40周年の作品は辺野古の海です。

写真家の勇崎哲史さんは「復帰してどんなことになっていったのか、結果としてどうなっているのか、その結果が許容できることなのか、出来ないことなのかということを考えていただければと思います」と話していました。

写真展は20日まで、県立博物館・美術館で開かれています。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.