2018年3月14日 11時59分

差止敗訴 翁長知事 控訴の方針

差止敗訴 翁長知事 控訴の方針

辺野古の新基地建設をめぐる工事の差し止めを求めた裁判での敗訴を受け、訪米中の翁長知事は現地時間の13日、控訴する意向を示しました。

翁長知事は「私としては、漁業権に関する審理が全くなされないまま示された今回の判決は納得できるものではなく、控訴したいと考えているところ」と述べました。

訪米中の翁長知事は現地時間の13日、敗訴を受けて会見し、まだ正式方針ではないとしながらも、控訴する意向を示しました。控訴することで、国が県の岩礁破砕許可を回避するために名護漁協に放棄させた漁業権について、一方的な放棄はできないとする県の主張を審理させたい考えです。

一方、翁長知事を支持するオール沖縄会議は13日夜に会見を開き「判決は訴訟の中身に踏み込んでいない」と訴え、引き続き県の訴訟を支援していきたいと話しました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.